FC2ブログ

「褒める」と「認める」ことの心理状態の違いについて

 早速ですが皆様にお聞きします。
 皆様は「認められること」と「褒められること」どちらが嬉しいでしょうか?

 ここでは、「認められること」と「褒められること」の心理的な違いについて私の意見を述べたいと思います。

 私の経験談ですが、私は幼い頃から「褒められたい」という「欲求」が強く、「良い子」になろうと頑張ってきました。
 その理由は「褒められる」=「嬉しい」と思っていたからです。

 しかし、いつの頃からか、「褒められる」=「嬉しい」と感じなくなりました。
 その理由は「本当にそう思っているの?」と「人を疑う」ことを覚えたからです。
 私はいつの頃からか「褒められる」ことに「相手には何か裏があるのではないか?」と思うようになったのです。
 ではその原因について、私の考えを記載いたします。
 
 まず始めに、「褒める」とは「人のしたこと・行いをすぐれていると評価して、そのことを言う」という意味です。
 言い換えれば、「褒める」とは「相手を特別扱いする」ということだと私は考えています。
 昔の私は周りから「特別扱いされている」ことに「優越感」を感じていました。今振り返れば、「周りから必要とされたい」という気持ちが強かったのだと思います。

 しかし、次第に「特別扱いされたい」という気持ちがなくなりました。
 話は少しずれますが、ここでいう「特別扱いされたい」という気持ちというのが、「愛されたい」と願ってしまう原因の「見捨てられ不安」だと私は認識しております。

 話しを元に戻しますが、私は「特別扱いされたい」という欲求がなくなり、私は次第に「めんどくさい(生きづらい)」と感じるようになりました。
 そして、私は次第に「何のために頑張るのか?」「何のために生きているのか?」など考えるようになったのです。

 話をまとめると、昔の私は「人に褒められるため」に頑張っていたのです。
 しかし、「褒められる」ことに飽きてしまい、「目的意識がなくなった状態」になったため、「どうすればいいのかわからない状態」になったと考えています。
 
 以前は、「褒められる」ということは「嬉しい気分を提供してもらえる」ため、「自分のやる気を引き出す」ことにつながりました。
 しかし、「特別扱いされたい」という欲求がなくなると、今は「特別扱いされたい」わけではないため、「褒められる」=「嬉しい」ではなくなったのです。

 当時の私は自分が変わったように感じました。以前は褒められることが「嬉しい」と感じていたにもかかわらず、その頃には「何も感じない」に変わったのですから。

 幼い頃の私は「自分の欲求(周りから必要とされたい)」を目的にしていましたが、その気持ちがなくなった当時の私は「自分の欲求がわからない」状態であるため、目的がなくなったといえるでしょう。
 目的とは「ゴール地点」であることから、終わりのない状態です。この体験は「自分で自分を守る力を養うための試練」と私は考えています。
  
 「自分で自分を守る力を養うための試練」に打ち勝つためには、「自分で選択して行動する」必要があります。
「①目標」⇒「②目的」⇒「③手段」⇒「④行動」⇒「⑤結果」⇒「⑥反省」⇒「②~⑥の繰り返し(目標を達成するまで)」⇒「目標達成」することを実は昔から私たちは体験していたのです。
 私は忘れてしまっていたのですが、特に②・③・⑤は「両親や信頼している他人など」によって「与えられていた」だけなのです。
 当然です、例えば「好きな仕事をしたい」と思っても、「学校を卒業する」必要があったりすることなど、小さい子供が知らないのですから大人が教えるのは当たり前のことなのですから。
 せいぜい 自分自身で意図的にしていたことは④だけなのです。
 
 ここで、「特別扱いされたい」という欲求がなくなるということは、「自分で考える力が強くなった」証拠だと私は思っています。
 自分で考えることにより、①を自分で決めます。多くの方は最初は、「1人の力で生きる」ことを①に設定する方が多いようです。
 しかし、今まで②・③・⑥を自分でやり遂げたことのない人が①を考えても、うまくいきません。
 その理由は「②・③・⑥を与えてもらっていた」からです。これを「自分で作り出す」ことをしなければなりません。
 これが自分でできるようになった時、「続ける」ことができるようになると私は思っています。
 人は自分の体験から「やり方」を考えます。しかし、自分の知っている「やり方」の多くは①を実現できないことが多いのです。
 その理由は「やる気がでない」からであり、「楽(自分にできる方法)な方へ逃げる」のです。この「楽な方へ逃げる」ことを「言い訳」といいます。
 ここで大切になるのが「認められること」だと私は考えます。

 ここで、「認める」とは「許す、承認する」という意味です。すなわち、「認められる」ということは「もう頑張らなくていい」という意味に私は感じたのです。

 子供の頃は「褒められる(頑張る)」ことを望み、大きくなると「認められる(頑張らない)」ことを望むのではないか?と私は考えています。

 精神病にかかる方の多くは「認められる」ことが不足しており、「適度に頑張る」ことがどうすればいいのかわからない方がかかりやすいように思えます。

  「褒める」は「相手からみた評価結果」なのですが、「認める」は「相手の思いを尊重する」ということです。

 私の勝手な考え方かもしれませんが、私は人を「精神的に大人」と判断する基準は「相手を尊重できる人」と考えています。
 
 私の場合は「人から認められる」ことにより、「今の自分のやり方」を「諦める」ことができ、「自分のやり方を広げる」ことを目的に変換することで「周りの意見と自分の意見を合理的に判断して手段を決定する」ことができるようになりました。





 以上のことから、私は「褒める」のは「過去」、「認める」のは「今」に必要な言葉であると私は思っています。
 「感謝」とは「過去」のことであり、「相手の行動が今の自分のためになった」と考えることによって、「信頼関係(お互いを尊重しあう」ことが自然とできるようになるのではないか?と私は考えています。

 そして、私は「人を認めることができる人間になりたい」、そう思って今を生きています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんにちは

ぴーとさんへ

コメントありがとうございます。
「自分を認める」という言葉の意味には「相手に対して感じる感情」
と向き合う必要があると私は思います。
それも含めて「自分の感情」なのですから。私個人は「他人に対す
る評価」すること事態が「上から目線」なのかもしれないと私は思
います。
人は「自分の苦手なことを相手に置き換えて考える」という特性を
持ちます。私個人は「他人への評価」=「自分の苦手部分」と考え
ており、自分ができていないことを人に求めることはおかしいと思
うからこそ、「上から目線」と私は感じます。

>自分を認めてあげられるようになれば
「自分を認める」ということが難しいものです。どうすればいいの
か自分で考える以外の方法を私は知らないからです。これが「自分
に責任を持つ(自分を大切にする)」ということにつながると私は
考えており、結果論でいればピートさんのおっしゃるような効果が
あるのかもしれません。

「自分を認める(自己認知)」ためには、「自分を知る」必要があ
ると私は思っています。「自分を知る」という中には「自分の長所」
と「自分の短所」があり、特に「自分の短所」には目をむけたくな
いのが人間です。
しかし、時には「自分の短所」に目をむけなければいけないことが
あります。例えば、「同じことを繰り返すことが苦手である」と言
っても、「歯磨きする」という行動でさえ、ほとんどの方が毎日の
ように行動していることでしょう。「歯磨き」だって「毎日続ける
こと」なのです。
「苦手」だといっても、「歯磨きをする」ことをしなければ、「虫
歯」になって「歯がなくなる」未来が待っているだけなのです。
ただ、上記のように考えながら歯磨きする人はいないと思います。
実際には「口の中が気持ち悪い」「周りに歯が汚いと言われたくな
い」など人それぞれの理由があるだけです。
これが「習慣化」であり、「何もしないことの方が違和感を感じる」
だけなのです。
その結果、多くの方は共通に「歯磨きする」ことを同じように行動
していることになります。
ですから、客観的な言い方(相手の気持ちを考えない言い方)でい
えば、「歯磨きを続けることが苦手である」と言う方は、歯磨きに
対して「苦痛になると強く思う経験がない」といえるのかもしれま
せん。
苦労の乗り越えて始めて続けることができることは続けている人は
誰でも共感できることだと思います。しかし、「苦労」の中身は人
それぞれの理由が異なるため、時には「そんな理由で?」と思うこ
ともあるでしょう。
ただ共通していえることは「自分で意識している」ということであ
り、それを一度諦めてそこで終わるのではなく、もう一度挑戦する
ことが「やり直す」ということであり、苦手を克服した時に「自信」
が生まれると私は思っております。

こんにちは

人を認めることも大事だけどまず自分を認めてあげることが
大事だと思います。

自分を認めてあげられるようになれば、他者の評価の
ウェイトが減ってくるため悩みが減るという効果があると思います。

それでも他者の評価はやはり気になりますけどね。
それだけに生きないですみます。
ブロマガ

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

皆様の貴重な1票お願います!!
人気ブログランキングへブログ王へ          ③                  ④にほんブログ村 介護ブログ 精神障がい者へ
にほんブログ村 くる天 人気ブログランキング
最新記事
広告
ブログ広告ならブログ広告.com
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
プロフィール

よっし~2

Author:よっし~2
 精神病の彼女と僕が精神病を乗り越えて結婚までを描いた日常を「ドラマ」に記載しております。今では彼女から妻へ変わり、さらに病状は日々改善しております。
 その際、介護側である私が思いついたことや、病気の紹介などを「治療方法」に記載しております。
  2013年2月より「精神病の彼女と僕 ~私と彼女が幸せを掴むために~」が「まぐまぐメルマガ」でデビューすることになりました。
 もちろん、本メルマガは無料であり、週間となっております。ご興味のある方はご登録のほどお願いいたします。
 まぐまぐでは、私と妻のストーリーをご報告する予定であり、初回はブログ公開中の第1話から第16話を配信予定としております。
 少しでも多くのお客様にご覧いただけるように、第16話以降はまぐまぐの会員限定とさせていただきます。
 まぐまぐ会員の方には「パスワード」をお伝えいたしますので、本ブログでも回覧可能となります。

検索フォーム
RSSリンクの表示
来場者数
QRコード
QR